アニ漫ワイドガイド キャシャーンsins 第7話「高い塔の女」レビュー 忍者ブログ
アニメ 漫画 ゲーム 等についての情報の紹介とレビューをしています
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
はてなブックマーク - [PR] 2017-03-27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はてなブックマーク - キャシャーンsins 第7話「高い塔の女」レビュー 2008-11-14 (Fri)

「この世界を美しいという者と・・・・・初めて会った」

「登ってみませんか?」

「オージ・・・大地がすごーくきれいだよ」


この記事はネタばれが含まれてます
ネタばれ嫌いな人は
この記事を避けてください





おおきな建物の陰でポーカーに興じるロボットたち
そのうちの一人がイカサマによって破壊されたところにキャシャーンが現れる
半分狂ってしまっているようなそのロボットたちがキャシャーンに襲いかかるも
その建物に住むリズベルと言う女性によって制せられる

その女性リズベルは滅びによって自暴自棄になり
遊びに耽っているロボットたちとは違い
滅びをただ享受するのを嫌い何かを成し遂げるために
世界の美しさを他のロボットたちに気づいてもらうために塔を作り続ていた

塔の内部でリズベルの催眠術?(キャシャーンはサイボーグなので他の何かかも)
により塔の最上部に飾り付けあたりのロボットたちの心に響かせようと
リズベルが考えている鐘の材料にされかかるも
実のところ催眠術にかかってはいなかったキャシャーンは
これを逃れる

これまでの破滅願望のあるキャシャーンなら受け入れてしまいそうな所だが
(実際鐘になってもかまわないと思いかけていたらしい)
前回のディオとの会話からか「自分には何か為すべきことがあるはずだ」
と思いなおし塔を去る

塔を離れたキャシャーンの耳に届く鐘の音
塔の頂上ではリズベルは独自に作り上げた鐘を打ち鳴らしていた
しかしこれを望まない階下のロボットたちは
リズベルと鐘を塔の頂上から突き落とす

鐘の下敷きになってしまったかと思われたリズベルだが
運よく足だけで済み
駆け付けたキャシャーンとフレンダーによって助けられる
「響いたのはこの世界で新しい何かを作ろうとする君の心かもしれない」
絶望に包まれた世界の中で
美しさを見出す女性
荒廃した世界の中で恨まれつけ狙われ続けていたキャシャーンは
また一つ救われたのかもしれない

その後
塔に訪れるリンゴとオージ
塔から見下ろせる美しい世界に見惚れる二人にリズベルは告げる
「もう鐘は要らない・・・・心のなかで鳴らせるから」

今回はわりかし救いのある話でした

滅びという逃れられない一種の限界状況の中で
いかなる選択を人は取るのか(ここではロボットですけど)
多くのロボットがその恐怖から逃避する中で今回のリズベルのように
滅びと言う逆境の中で強く何かを成し遂げようとする精神は
キャシャーンにどういった影響を与えるのか
本当にテーマが重いですね

とにかく
いつもどこかしらに贖罪を求め続けようとするキャシャーンに
死を選択する以外での幸せな結末があると信じたいですね

ランキング参加中よければポチッとお願いします
次回予告

PR
ページランキング
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
Casshern -Sins- EP07
7話もそうですが、キャシャーンSinsは普通のアニメとして見ない方がいいのでは?

リズベルの言動や行動は、回路が壊れたからとかロボットだからとかというのではなく、ある種の思考の果てによるものだと思います。
度を越えた過去の哲学者達も、一般人にはとても理解できないような言動、行動をとってきましたから。

まだ8話までしか見ていませんが、Sinsでの構成はヨーロッパにある悲劇、喜劇作品に通じるものがある気がします。
-ε- 2008/11/24(Mon)18:55:52 編集
Re:Casshern -Sins- EP07
>7話もそうですが、キャシャーンSinsは普通のアニメとして見ない方がいいのでは?

この作品をより理解しようとキャラの内面や世界観の考察を含め-ε-さんの言うとおりアニメに限らない他の作品と照らし合わせて検証するのもいいかもしれません

でも私はただの凡庸なアニメ好きです
持っている知識も微々たるものですし語彙もそんなに豊富ではありません

そういった見地から作品をレビューしようと試みたこともあるのですけど
前述の理由から思うような文章を書くことができませんでした

>リズベルの言動や行動は、回路が壊れたからとかロボットだからとかというのではなく、ある種の思考の果てによるものだと思います。
>度を越えた過去の哲学者達も、一般人にはとても理解できないような言動、行動をとってきましたから。

確実に訪れる「死」という限定状況の中で
ロボット(含め人間も)がどういった行動をとるか
どういった思考にたどりつくのか

その果てにたどりついたものが
リズベルの場合は
大きな塔を建て鐘を鳴らすという一般的に見れば奇怪な行動だったわけですね

>まだ8話までしか見ていませんが、Sinsでの構成はヨーロッパにある悲劇、喜劇作品に通じるものがある気がします。

あまりそういった作品に触れてこなかったので何とも言えないのですが・・・
シェークスピアとかを読めばいいのかな?
管理人2008/11/24 23:30
TRSCKBACK
trackbackURL:
【リズベル】キャシャーンsins 7話「高い塔の女」【感想】
「あの鐘がなった時、はじめてこの世界を美しいと思った。」
URL 失われた何か2008/11/14(Fri)06:55:36
キャシャーンSins 第7話「高い塔の女」
未完成の塔がそびえ建つ、廃工場へとやって来たキャシャーンとフレンダー。 そこにはもう何かを作る必要もなくなり、一日中テーブルゲームの賭けに興じ、 ただ時の過ぎるのを待つ作業用ロボット達がいた。 鬱屈した思いと異常をきたし始めた精神から、工場を訪れたキャシャーン
URL ぷち丸くんの日常日記2008/11/14(Fri)20:01:39
キャシャーン sins 7話 「高い塔の女」 感想
★★★★★★★★☆☆(8) 「僕の心に響いたのは、この世界で 新しい何かを作ろうとする君の心かもしれない」 キャシャーンの秘密や過去...
URL サボテンロボット2008/11/14(Fri)22:30:17
CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第6話「高い塔の女」
 【ストーリー】 ポーカーに興じるネジ・バネ・ボルト・プラグの4体のロボット。 そこに現れるキャシャーンに対して、カード勝負を挑むも、相手をしようとしないキャシャーンに苛立ち、襲い掛かる。だが踊るように軽やかに彼の攻撃を躱す。 彼らの去った後、キャシャーンの
URL 無限回廊幻想記譚 旧館2008/11/14(Fri)22:57:44
キャシャーンsins第7話
さて、今回はまた一話完結基本的にはキャシャーンが終わろうとしている世界を生きる人やロボットと関わっていくというスタンスなんでしょうねその上でキャシャーンが変わっていき、記憶を取り戻した時にどういう選択をするのかってことなのだと思います今回の女は高い塔の...
URL にき☆ろぐ2008/11/15(Sat)20:01:13
キャシャーン Sins 第07話 「高い塔の女」の感想。
キャシャーン Sins 第07話 「高い塔の女」 評価: ── 金が高らかに鳴り響けば、皆この世界にも、まだ美しい物があると気付くかも...
URL いーじすの前途洋洋。2008/11/17(Mon)17:55:17
プロフィール
HN:
五目ペンギン
性別:
非公開
自己紹介:
∧_∧
( ・ω・)=つ≡つ
(っ   ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

当サイトはFire fox 3.0で動作確認しています
相互リンクはこちらに
アクセスランキング
特に他ページに飛ばないタイプのWEB拍手です、気に入った記事のページ上で拍手ボタンをクリックしていただくとランキングに反映されます。ブログの運営方針に関する判断材料とするので、積極的に拍手してもらえるとありがたいです。 キャッシング
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
2重カウント防止

>

2重カウント有り
設置日2008年12月7日>
フリーエリア
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
ランキング
WEB拍手です
一言でもいただけると
すごく嬉しいです
ちなみに拍手画面では最近のお気に入り画像を載せてます


ランキング参加中




ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログが気に入ったら上の長門から下の画像のどれかををポチッとお願いします
ブログペット
バーコード
amazon

アクセスアップに
ブログホイホイ
Copyright © アニ漫ワイドガイド All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]