アニ漫ワイドガイド とある魔術の禁書目録 第1話「学園都市」レビュー インデックス可愛いよインデックス 忍者ブログ
アニメ 漫画 ゲーム 等についての情報の紹介とレビューをしています
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
はてなブックマーク - [PR] 2017-07-25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はてなブックマーク - とある魔術の禁書目録 第1話「学園都市」レビュー インデックス可愛いよインデックス 2008-10-09 (Thu)

この記事はネタばれが含まれてます
ネタばれ嫌いな人は
この記事を避けてください


自分思うんです
このアニメは多分
インデックスの可愛さを楽しむアニメなんだと



熱血で正義感があり
ツンツン頭のちょっと馬鹿(事あるごとに不幸だと言う:実際不幸)
というなんとも絵にかいたような主人公ですが

いいですねこういう始まりかた
いかにもラノベって感じで




翌朝
なんの前触れもなくベランダに 布団≠少女がいる

おいおいこいつ不幸じゃねーんじゃね?
超ラッキーじゃん
美少女お持ち帰りジャン




魔法があると主張するインデックスに
自分にはそんな異能の力は全て打ち消す力があると主人公

お互いにそんなのありえないと問答した結果
試しにインデックスの修道服にタッチ
すると・・・



脱げた!脱げたよ!



報復に盛大に噛み跡を残される

その後迷惑かけたくないからと
家を去ってしまうインデックス



補習中
ってか小萌先生かわいいなおい


帰ってみるとインデックスが血まみれで行き倒れ
あわてる上条の手にも血がびっしり


その直後
謎の敵(自称魔術師)が出てきて終わり


1話目らしくキャラ紹介と概要、設定の確認が主ですね

絵的にはそんなに不満な点はなし
声も・・・ちょっとイメージとは違うのですが聞いてるうちに慣れるでしょう

とりあえず
何が自分にヒットしたのかわかりませんが
インデックスが可愛くてしょうがない状態に・・・・・

元々原作から好きだったのですが
原作ではむしろビリビリ中学生の方が好きだったんですけどね

まぁまだまだ1話です

この作品は主人公を取り巻く女性がとりわけ多いので
これから続々登場するであろう女性キャラ達がますます楽しみです
PR
ページランキング
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
とある魔術の禁書目録 第1話「学園都市」
第1話「学園都市」 インデックスも良かったが、小萌先生がそれ以上に
URL 赤い彗星3号館2008/10/09(Thu)22:07:21
プロフィール
HN:
五目ペンギン
性別:
非公開
自己紹介:
∧_∧
( ・ω・)=つ≡つ
(っ   ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

当サイトはFire fox 3.0で動作確認しています
相互リンクはこちらに
アクセスランキング
特に他ページに飛ばないタイプのWEB拍手です、気に入った記事のページ上で拍手ボタンをクリックしていただくとランキングに反映されます。ブログの運営方針に関する判断材料とするので、積極的に拍手してもらえるとありがたいです。 キャッシング
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
2重カウント防止

>

2重カウント有り
設置日2008年12月7日>
フリーエリア
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
リンク
ランキング
WEB拍手です
一言でもいただけると
すごく嬉しいです
ちなみに拍手画面では最近のお気に入り画像を載せてます


ランキング参加中




ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログが気に入ったら上の長門から下の画像のどれかををポチッとお願いします
ブログペット
バーコード
amazon

アクセスアップに
ブログホイホイ
Copyright © アニ漫ワイドガイド All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]