アニ漫ワイドガイド キャシャーンsins第12話「生きた時間を色にして」レビュー 忍者ブログ
アニメ 漫画 ゲーム 等についての情報の紹介とレビューをしています
[170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
はてなブックマーク - [PR] 2017-03-27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はてなブックマーク - キャシャーンsins第12話「生きた時間を色にして」レビュー 2009-01-03 (Sat)

この記事は画像を伴った
ネタばれが含まれています
ネタばれ嫌いな人は
この記事を避けてください

荒廃した様子を見せつつも、長い歴史を感じさせる街。
かつては支配者が変わるたびに、その者の望む色に街ごと塗り替えられていたという。

ルナの手がかりを 求めて街を訪れたキャシャーンであったが、そこに集まったロボット達は死を受け入れ、街中に横たわりただ滅びを待つだけ。しかし、その中でキャシャーン は、生き生きとした様子を見せる一体のロボットに出会う。マルゴーと言うそのロボットは、明るくせわしく動き回り、塗料で街を自分の色に塗り替えていた。 自分は芸術家であり、かつての王達と同じように、この滅びの歴史の終わりに自分の色を残そうとしているのだという。滅びを憂いてただ死を待つのではなく、 今をどう生きるのかが大切なのだ。マルゴーの言葉に感じ入ったキャシャーンは、彼が街を塗り替える様を見たいと思い、しばらく街に留まる。そして、キャ シャーンの見守る中、マルゴーはついに街中を自分の色に塗り替えた。その決して自分の信念を諦めない姿に、キャシャーンも自らに課せられた運命に立ち向か い、旅を続ける事を改めて決意するのだったが……。


「芸術家はあきらめが悪いんだよ・・・キミ」

挿入歌の「蒼い影」が妙に渋くてカッコ良かったのが印象に残った回でした。

死の際に何かを残したいと願うのは人であろうとロボットであろうと変わりがなく。
マルゴーもまた、自分が一生懸命に生きた証を、芸術として残したかったのかもしれませんね。

ランキング参加中
プラグインにもありますが
一日一回押してもらえるとありがたいです

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
PR
ページランキング
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
プロフィール
HN:
五目ペンギン
性別:
非公開
自己紹介:
∧_∧
( ・ω・)=つ≡つ
(っ   ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

当サイトはFire fox 3.0で動作確認しています
相互リンクはこちらに
アクセスランキング
特に他ページに飛ばないタイプのWEB拍手です、気に入った記事のページ上で拍手ボタンをクリックしていただくとランキングに反映されます。ブログの運営方針に関する判断材料とするので、積極的に拍手してもらえるとありがたいです。 キャッシング
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
2重カウント防止

>

2重カウント有り
設置日2008年12月7日>
フリーエリア
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
ランキング
WEB拍手です
一言でもいただけると
すごく嬉しいです
ちなみに拍手画面では最近のお気に入り画像を載せてます


ランキング参加中




ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログが気に入ったら上の長門から下の画像のどれかををポチッとお願いします
ブログペット
バーコード
amazon

アクセスアップに
ブログホイホイ
Copyright © アニ漫ワイドガイド All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]