アニ漫ワイドガイド PSPソフト「絶体絶命都市3 壊れゆく街と彼女の歌」画面写真を公開 忍者ブログ
アニメ 漫画 ゲーム 等についての情報の紹介とレビューをしています
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
はてなブックマーク - [PR] 2017-05-29 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はてなブックマーク - PSPソフト「絶体絶命都市3 壊れゆく街と彼女の歌」画面写真を公開 2008-10-15 (Wed)
公式サイト
www.zettai-zetsumei.com/zz3/index.html

アイレムは、プレイステーション・ポータブル向けソフト
『絶体絶命都市3-壊れゆく街と彼女の歌-』(以下、『絶体絶命都市3』)の画面写真を公開した。

同作は、地震や洪水といった災害をテーマに、被災した人々の様々なドラマを描いた
アクションアドベンチャーゲーム『絶体絶命都市』シリーズの続編タイトル。
ゲーム中に入手できる様々な道具を駆使しつつ、災害から逃げのびることが目的だ。

『絶体絶命都市3』の舞台となるのは、オフィス街やショッピングセンターなどが立ち並ぶ
都市島「セントラルアイランド」。この地での大規模な地震発生から、物語は始まる。
震災により倒壊していくビル群や、崩れゆく海岸から身を守りながら、島からの脱出を目指していく。

本作の主人公は、春から大学に通うために島にやってきた「香坂直希」。
ヒロインは、看護師を退職し、ミュージシャンを目指すために離島しようとしていた女性「本条咲」。
この2人が、島と本土を繋ぐ海底トンネル内で震災に見舞われるところからストーリーは開始。
地震により倒壊した車や建物、火災などの二次災害に気をつけながら、ヒロインと二人で震災から逃げ延びていく。

主人公には、生命力を表す「HPゲージ」と、精神力を表す「STゲージ」が設定されている。
不安や緊張、恐怖心などで「STゲージ」が減少すると、やがては「HPゲージ」が減少し、ゲームオーバーとなってしまう。そのために、気を静めて心を落ちつけたり、ヒロインとの会話をすることによって、早めにストレスを緩和することが必要となってくる。

また、イベントシーンや、他のキャラクタとの会話では、様々な選択肢が登場。
困っている人への対応の仕方や、行動の大胆さ、危険な場所でのとっさの判断の仕方などによって、ゲームの展開が変化していく。.



スペランカーをPS3で出して絶体絶命都市をPSPてwww

普通逆でしょうが
PR
ページランキング
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
プロフィール
HN:
五目ペンギン
性別:
非公開
自己紹介:
∧_∧
( ・ω・)=つ≡つ
(っ   ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

当サイトはFire fox 3.0で動作確認しています
相互リンクはこちらに
アクセスランキング
特に他ページに飛ばないタイプのWEB拍手です、気に入った記事のページ上で拍手ボタンをクリックしていただくとランキングに反映されます。ブログの運営方針に関する判断材料とするので、積極的に拍手してもらえるとありがたいです。 キャッシング
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
2重カウント防止

>

2重カウント有り
設置日2008年12月7日>
フリーエリア
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
ランキング
WEB拍手です
一言でもいただけると
すごく嬉しいです
ちなみに拍手画面では最近のお気に入り画像を載せてます


ランキング参加中




ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログが気に入ったら上の長門から下の画像のどれかををポチッとお願いします
ブログペット
バーコード
amazon

アクセスアップに
ブログホイホイ
Copyright © アニ漫ワイドガイド All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]