アニ漫ワイドガイド キャシャーンsins第10話「過去に囚われた男」レビュー 忍者ブログ
アニメ 漫画 ゲーム 等についての情報の紹介とレビューをしています
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
はてなブックマーク - [PR] 2017-09-23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はてなブックマーク - キャシャーンsins第10話「過去に囚われた男」レビュー 2008-12-05 (Fri)

「ルナが死んだ・・・何故だ・・・ルナ・・・・・」

「お前はもう死神じゃない 過去の亡霊だ」

「私はあなたを選んだのよ・・・ディオ」


この記事はネタばれが含まれています
ネタばれ嫌いな人は
この記事を避けてください







あらすじ(公式サイトより転載)

ディオを世界の滅びを止める救世主と信じ、彼の構えた居城にぞくぞくと集結してくるロボット達。
その中に、見るからに崩壊が進行しおかしくなっている一体 のロボットがいた。そのロボットは、ディオの城をめざしながらうわごとのように何度も繰り返し呟いている。「ルナが死んだ」と。

その彼らがめざす荒野の古 城には、ディオと赤いスーツの女、レダの姿があった。キャシャーンへの憎しみを募らせるディオと、彼に付き従いディオこそがブライキング・ボスに変わる新 たな支配者だと囁くレダ。
だが彼女も、表向きとは別の思惑を垣間見せる。その間にも、城には次々にディオの軍団へと参加を望むロボット達が集まり、場内の 庭には無数のロボットがひしめき合っていた。あのおかしくなったロボットもその中にいたが、気が立った周囲のロボットに絡まれる。だが、瞬く間に相手のロ ボットを破壊。その様子を見たレダは、そのロボットがかつてルナの護衛であったドゥーンであると気付いた。仲間からも死神と恐れられていたドゥーンが戦闘 態勢に入り、強力なパワーでレダを圧倒する。

その攻撃を受け止めたのはディオ。
共にキャシャーンを憎む二体が、激しく激突する。



キャシャーンはラスボスなのか?
byメルクマールさん

と若干記事をパクった感じになってしまいましたが
言われてみればそうなんですよね
キャシャーンが事の大原因なわけですし
圧倒的な戦闘力を持つキャシャーンに対してディオが軍団を作って倒そうとする考え方も普通に道理に合う気がする

ただディオの闘う動機がことごとく私怨に偏ってるように見えるのが気にかかる
キャシャーンに対して強烈なコンプレックスと敵意を持ってるし・・・

この動機は話の常道的に考えたら
『実はディオはキャシャーンのレプリカだった』
という展開なんかがありそうな感じがしますが
このアニメの場合もう少し捻った話の展開になる事を期待しています

話の見どころとしては
ドゥーンVSレダ
ドゥーンVSディオの戦いは実に動いてて格好良かった
ディオは暴走しないんですね(激昂はするけど)

キャシャーンに対する恨みはディオに匹敵するドゥーンですが
ディオにやられた跡もまだ生きている様子でしたしこれから再登場の可能性もあるのかな?

最後のシーンでやけに清々しい表情をしていたキャシャーン
今まで当て所ない旅を続けていたけれど
『どこかで生きている(らしい)ルナを探す』
という新たな目標が出来て幾分救われたのか

ディオを支えるレダの動向も気になるところ
何か企んでるみたいだったけど
まだまだ情報不足で何かはわからず

ランキング参加中
プラグインにもありますが
一日一回押してもらえるとありがたいです
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

次回予告
今まで記事掲載の関係で泣く泣く切ってきたキャプが貼れて良かった

PR
ページランキング
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
引用ありがとうございました
ディオのキャシャーンに対する気持ちは、一言では言えないものがありそうですね。私怨があるとしたら、二人の間に何があったのでしょうか。単に『永遠の命』という獲物をキャシャーンに取られたのが悔しいのかもしれませんが。

ディオやキャシャーンはルナを倒すために作られたのでしょうけれど、誰が何のために、というのが最大の謎ですね。本当のラスボスはその『誰か』なのかもしれません。
メルクマール URL 2008/12/05(Fri)19:24:59 編集
Re:引用ありがとうございました
>ディオのキャシャーンに対する気持ちは、一言では言えないものがありそうですね。私怨があるとしたら、二人の間に何があったのでしょうか。単に『永遠の命』という獲物をキャシャーンに取られたのが悔しいのかもしれませんが。

その辺はキャシャーンの記憶とのかかわりが強そうですね
何かしらの原因がそこにありそう

>ディオやキャシャーンはルナを倒すために作られたのでしょうけれど、誰が何のために、というのが最大の謎ですね。本当のラスボスはその『誰か』なのかもしれません。

1・2話で出てきたブライキング・ボス(らしき人)の存在が気になる
あれっきりさっぱり出てきてないけれど

なんとなく彼が真相を知ってそう
管理人2008/12/06 23:36
TRSCKBACK
trackbackURL:
キャシャーン sins 10話 「過去に囚われた男」 感想
キャシャーンはラスボスなのか。キャシャーン sins 10話 「過去に囚われた男」 の感想です。 予告からして、再びキャシャーンとディオの対決かなと思って
URL メルクマール2008/12/05(Fri)19:29:23
キャシャーン sins 10話 「過去に囚われた男」 感想
★★★★★★★★☆☆(8) かつてルナの護衛でありながら死神と呼ばれた男ドゥーン。 ルナを殺したキャシャーンを憎む彼の前に現れたの...
URL サボテンロボット2008/12/05(Fri)21:01:23
キャシャーン CASSHERN Sins #10.
「過去に囚われた男」アバン。「キャシャーン、貴方たちが私を変えてゆく」ルナのモノ
URL 色・彩(いろ・いろ)2008/12/06(Sat)01:17:10
CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第10話「過去に囚われた男」
 【ストーリー】「キャシャーン…… あなたの血が、私を変えていた」放浪するボロを纏った男が向かう先は、滅びからロボットたちを救うと謳うディオの居城。そこへと向かうロボットたちは、そのボロの男を見つけると、彼と同列にされてはかなわないと彼を破壊しようとする。だが
URL 無限回廊幻想記譚2008/12/06(Sat)04:27:29
キャシャーンsins第9,10話
お久しぶりの感想です師走はなかなか忙しくアニメ視聴がおあざなりだったので一気に見ていきたいですねさて、相川らずの進行速度な作品ですがこの2話でそれぞれの進む道が一応示された印象ですねキャシャーンは自分で始めた滅びを止めるために生きているかもしれないルナ...
URL にき☆ろぐ2008/12/07(Sun)14:21:02
キャシャーンSins 第10話「過去に囚われた男」
ディオを救世主と信じて、ディオの居る城に次々にロボットたちが集結して いた。 その中に、明らかに崩壊が進んでいるおかしなロボットがいた。 そのロボットは、「ルナが死んだ」とうわごとにようにつぶやきながら、城を 目指していた。そして、襲い掛かって来るロボットを次
URL ぷち丸くんの日常日記2008/12/07(Sun)14:38:15
キャシャーン Sins 第10話 「過去に囚われた男」の感想。
キャシャーン Sins 第10話 「過去に囚われた男」 評価: ── ルナ・・・何故だ・・・ 脚本 小林靖子 絵コンテ ...
URL いーじすの前途洋洋。2008/12/08(Mon)08:50:08
プロフィール
HN:
五目ペンギン
性別:
非公開
自己紹介:
∧_∧
( ・ω・)=つ≡つ
(っ   ≡つ=つ
/   ) ババババ
( / ̄∪

当サイトはFire fox 3.0で動作確認しています
相互リンクはこちらに
アクセスランキング
特に他ページに飛ばないタイプのWEB拍手です、気に入った記事のページ上で拍手ボタンをクリックしていただくとランキングに反映されます。ブログの運営方針に関する判断材料とするので、積極的に拍手してもらえるとありがたいです。 キャッシング
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
2重カウント防止

>

2重カウント有り
設置日2008年12月7日>
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
ランキング
WEB拍手です
一言でもいただけると
すごく嬉しいです
ちなみに拍手画面では最近のお気に入り画像を載せてます


ランキング参加中




ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログが気に入ったら上の長門から下の画像のどれかををポチッとお願いします
ブログペット
バーコード
amazon

アクセスアップに
ブログホイホイ
Copyright © アニ漫ワイドガイド All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]